クルマ好人雑記帳

速いだけがスポーツカーじゃない、小さいだけがコンパクトカーじゃない。新しいクルマの価値を模索する大学生のメモ帳と日記とエッセイ、のような落書き。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年経ったディスカバリー4

disco1

一年というのはこうも早く過ぎ去っていくのか、ということを実感させられたのがランドローバー・ディスカバリー4の一年定期点検のお知らせでした。去年の7月頃に納車されてから一年経ったことになります。その一年というもの、僕は家族の中で一番ディスカバリーと過ごしています。父は通勤用のプリウスを毎日乗り、母親はブリヂストンの電気自転車でスーパーまで買い物に行くのです。週末ですらこの両名はディスカバリーを運転する保証はないのです。その点僕はこの車を運転するのが大好きなので地球温暖化を気にすることなくせっせとガソリンを燃やしたのでした。今週の月曜日にディーラーに点検の依頼をし、昨日受け取ってきました。やはり、運転はいいものですね。去年納車された頃にも軽くレビューを書きましたが、この一年で特に言いたいことは変わっていません。ジャガー製の5.0L V8は低速でもモリモリとトルクを発揮させながらスムースに吹け上がります。2014年モデルからは3.0L V6スーパーチャージャーとなりましたが、加給を強いないピュアな出力はやはり魅力的です。しかしながら、平均燃費が5km/Lと時代にそぐわない遺産ともいえる代物です。その点ではやはりV6のエンジンの方に圧倒的な軍配があがるでしょう。あとは問題点としてハザードスイッチの位置、コンソールパネルのちょうど中心にあるのですが、少し視線をずらさないと正確に押すことができません。この車の最大の欠点です。ランドローバー社の車として人間工学的に丁寧に設計された車なのにもかかわらず、これは安全の上でも気になるところです。車重が2600kgもあり、車内はエアバッグで固められ、乗員の安全の確保はほぼ完璧に出来ていますが、これでは他者への配慮は全くできておらず、公道を走る車としては欠陥であるといわざるを得ません。マイナーチェンジ後変更があったのかは分からないので、気になる方はご確認を。

しかしながら、乗り心地のよさ、車体の割に取り回しがしやすい車体、そして何よりも英国車(とはいっても米国向けに悪趣味なメッキが多数)の上品な雰囲気を持つこのディスカバリー4は僕が思う最高のSUVであり、「所詮レンジローバーの下位互換」と陰口を叩かれても動じない程の良さを兼ね備えている究極のファミリーカーであると、改めて実感させられたのでした。



にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。当ブログがお気に召されましたら、クリックお願いいたします。

スポンサーサイト

究極の移動ツール。ランドローバー・ディスカバリー4

disco4

10年以上共に過ごしたBMW X5の変わりにやってきたランドローバー・ディスカバリー4。6月の終わりに納車されてもう数ヶ月経つので簡単なレビューをしたいと思います。ランドローバーといえば真っ先に思い浮かべるのはレンジローバーとディフェンダーなのは間違いありません。このディスカバリーは元々レンジローバーの廉価版ともいえるお買い得なモデルでした。そのディスカバリーが大きく変化したのはディスカバリー3にモデルチェンジした時でした。ルーフが後ろにいくにつれて競り上がっているスタイリングは継承されるも、全体的によりシンプルに、モダンに変化したのでした。旧ブログでディスカバリー3についての当時の僕の意見はというと、酷評、ですね。この記事を改めて見返してみると、面白い事に人の意見は変わりますね。笑
今思えば、このディスカバリー3が歴代の中で一番良い見た目をしているなとも思います。
新しく来たディスカバリー4ですが、3をよりラグジュアリー志向にしたモデルといえます。基本的なデザインは変わっていませんが、よりレンジローバーに近づいたデザインをしています。あくまでファミリーカーという認識なので、レンジローバーに近づける意味が全く感じられないので、この変化は正直マイナスポイントです。
内装はよく出来ていて、高級感はあるものの嫌みがなく使いやすい。スイッチ類の数も決して少ないわけではないのにこの使いやすさはさすが、実用車SUVを長年作ってきただけあります。シートの肌触りもよく、窓が広いためは室内はかなり明るく感じます。このディスカバリーは3列シートを採用しているのが特徴だ。ディスカバリー2の頃まではあくまで緊急用といったイメージがあったが、3からは3列目までもしっかりと作られ、シートの見た目以上に乗り心地は快適。3列目は目線が高いので見晴らしが良いのも特徴です。決して広くはない3列目ですが、見晴らしが良いのと大きな窓のおかげて案外長距離でも疲れを感じにくいです。
走りはどうでしょう。まず、乗ってみて驚いたことはハンドルの軽さ。車重は以前乗っていたX5よりも数百kg重いはずなのに、びっくりするぐらい軽い。X5はハンドルが重くて中々苦労しました。でも、それなりに手応えはあるので曲がった時の感触がないわけではありません。むしろ、ちょうどいい。5.0L V8エンジンもトルクフルで重い車体をどんどん引っ張ります。パワーに関しては申し分ありません。むしろ、まだ僕は大きなエンジンと車体を扱うのに余裕がないくらいです。乗り心地はかなり良いですね。エアサスペンションが路面の凹凸をしっかり吸収してくれます。X5ではこうはいきませんでしたからね。それなりのスピードでカーブにさしかかると、車体に揺れは感じませんが、このレザーシートはホールド性が良くなく、姿勢が崩れるのが難点。スポーツサスペンションを搭載していたX5は車体の安定性とシートのできの良さで良いコーナリングを見せてくれました。ディスカバリーはロールこそ最小限にとどめられいているのでしょうが、BMWのそういった面ではかないませんね。
そして、このディスカバリー4は車体の割に運転しやすいのが特徴です。ハンドルが軽いというのもありますが、この四角いスタイリングと窓が大きいのが相まって、車体感覚がつかみやすい。自宅の決して広くはない駐車場に入れるときもあまり苦労しません。車体の周りをカメラがとらえていますが、あくまで補助。むしろなくてもいいくらい 笑

まとめると、ディスカバリー4はとても良いファミリーカーだと思います。燃費だけ5km/Lと時代に逆行していますが、その他では特別大きな欠点はありません。移動中は高級ラウンジにいるよう。運転して楽しいのは前のBMW X5、気持ちが良いのはディスカバリー4。あまりにも気持ちがいいので飛ばすきにもなれませんよ。



にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。当ブログがお気に召されましたら、クリックお願いいたします。


INFORMATION
ABOUT ME

べいと

Author:べいと
現在大学3年生。小さいときから車大好き!念願だった免許を取り、細々と活動しています。以前はgooブログを使っていました。どうぞよろしくお願いします。


旧ブログ:http://blog.goo.ne.jp/kosaku1222

RECENT TRACKBACKS
TWITTER
COUNTER
 
SERCH
 
 
 
 
QR
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。