クルマ好人雑記帳

速いだけがスポーツカーじゃない、小さいだけがコンパクトカーじゃない。新しいクルマの価値を模索する大学生のメモ帳と日記とエッセイ、のような落書き。

 
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決定は大変だ。

人間が生きるのに邪魔なもの、そうストレスです。色々な要素が楽しく生きることを阻みます。ではなぜ人間はなぜストレスをためやすいのでしょうか。それはもちろん、頭がいいからです。特に発達した脳は命と命の関係性をより複雑にしています。行動でも言葉でも、特に人間は頭が良いばっかりに自分たちをストレスの渦の中に身を投げているのです。しかし、あまりにもストレスを溜め込みすぎるとそういったことも考えなくなり、崖の上や駅のプラットホームから身を投げます。人間はどのような時にストレスを感じるんでしょう。

「人間は決定する生き物」と、前に何かの書に記してありました。(なんの書だったかは忘れました笑)
決定をする際に人間はストレスを感じるのである、と。なるほど、確かにこの生活というか世の中はあらゆる決定を要求されます。「電車に遅れそうだが、朝食は取るべきか」とか「レポートをやっていないけど、寝てしまおうか」とか。そうやって自分の意見を決定していくこともあります。
こんなことを書いているのはちょっとした出来事があったからです。
ゼミのレポートの内容が、「原子力発電所の今後について、自分は推進派か反対派かを明確にして述べよ」のようなものでした。さあ困りました。僕はこういったいかにも「真面目」な問題点については目を背けていたからです。僕が原発に賛成か反対かといった意見はここには出しませんが、これを決定するのは結構大変でした。原子力のメリット、デメリットから論じることにしました。世論では実に7割以上の国民が原発をなくすべきだという論調ですが、なぜそう思っているのかを考えねばなりません。
非常に、面倒、くさい!!

そこで僕は思いました。この面倒くさいと思うことが、ある意味日本のグループを平和にしているのではないかと。海外では選挙が行われる時に結構大規模である種のエンターテインメントのような一面がありますよね。でも日本にはそれがない。海の向こうの人たちは政治に感心があってそういった議論がいたるところのダイナーで行われている、と。本当かどうかは知りませんがね。日本はというと政治の話なんか滅多にしません。バラエティでも政治のようなネタはほとんどタブーのような扱いになっています。というよりも、ネタにしたところでそれが笑いどころだと思う人が何人いるでしょうか?僕はいないと思います。右か左か、たった2択の選択肢なのにものすごく、誇りっぽくて重苦しい選択だと思います。その自分の意見を持たないというスタンスが日本を平和にしていると思うのです。中道こそが意見における平和だというのなら日本は平和でしょう。
これはいいのか悪いのか、Guroobaruな人間になるためには確立した意見を持つべきなのか、持たざるべきなのか。




にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。当ブログがお気に召されましたら、クリックお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと    ジャンル : 日記


INFORMATION
ABOUT ME

べいと

Author:べいと
現在大学3年生。小さいときから車大好き!念願だった免許を取り、細々と活動しています。以前はgooブログを使っていました。どうぞよろしくお願いします。


旧ブログ:http://blog.goo.ne.jp/kosaku1222

RECENT TRACKBACKS
TWITTER
COUNTER
 
SERCH
 
 
 
 
QR
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。